« 藤嶋梨香―Rikoさんのご紹介 No,2 | トップページ | ことわざの意味を知る »

2008年8月27日 (水)

Riko Style Ordermade Therapy をご紹介します No,1



本当にお気に入りのお店は、人に教えたくないように、
私には内緒にしている、とっておきのセラピーがあります。
こちらです。



Riko Style Ordermade Therapy
http://rikostyle.hp.infoseek.co.jp/index.html



え?あっさり教えすぎ?
ウラがあるんじゃないかって??ヒドイなぁ~(苦笑)
たまには人のお役に立とうかな、と思いましてね。





そう思ったきっかけは、友人の旦那さんなのです。
私が友人に紹介した上記のHPを偶然(必然!?)彼が目にし、
自らセラピーに申し込んだそうです。
あまりにも意外で驚きました。
もう8年くらいのつきあいになりますが、
彼の口からスピリチュアルのスの字も聞いたことはありませんし、
はっきり言って似合わない!(失礼御免!)
と同時に、よっぽど悩んでいただろうことがうかがえ、
あぁ、よかったと思ったのです。
だいじな友人が、いいセラピストにたどり着けたと。
改心なり、変化を求めたそのまっすぐな気持ちを、やさしく迎え入れ
解決へ導く場所を案内できたかな、と。
気がかりだった思いがふわっと軽くなり、少しはお役に立てたと喜ばしかったのです。
(※その後の彼がどんな状態か十分にヒアリングできていないので
安易にうれしがるのは無責任かもしれませんが、
私が経験してきた中でもダントツでおすすめできるセラピストなので、
きっと、という願いを込めて書いています。)





人生で初めて対面したセラピストなり霊能者が最悪だったら、
スピリチュアルなことのすべてを否定されかねないですしね。
私のようにしつこい性格ならば、
納得のいく人に巡り合うまでいくつもの門を叩きますが、
これにはかなりの年月と費用、そして勘を要します。
しかし残念ながら悩める子羊は、判断力を失っているもの。
はっきりいって、遠回りしました。
だから、助けを必要としている人がまっすぐに、
最短距離で適切な道へ辿りつけるよう、ここでご紹介しようと思い立ったのです。





実は、私の旦那さんは占いとか前世とかまったく知りたくないというアンチ派です。
他人から提示されるのではなく、たとえ遠回りしても、どん底に落ちてでも
すべてを自分で選択していくべきだと言います。
私はオカルト好きなせっかちなので、
知ることができるのならどんどん探究していきたいタイプ。
真逆です。
でも、どちらもそれぞれの人生。
その人がやりたいように道を歩み、苦しみ、喜び、学習していくことが、
その人なりの成長の仕方なのだと思います。
たとえ夫婦でもわが子でも、侵入不可な領域なんじゃないかと。





だから、セラピーを受ける、受けない、
とんでもない!いやいや、ちょっと気になるわ・・・など。
反応はさまざまだと思いますし、ムリにお勧めする気もありません。
選択するのはあなたの意思だし、ご自分の道ですから。
ただ私自身、2度のセラピーを受けた今、Rikoさんの能力をあらためて確信し、
これはもっと多くの方とシェアすべきと思い、今回ご紹介することにしました。





もしあなたが長年解決できない問題で苦しんでいるのなら、
悲しみがいつも側にあって、もう自分の一部となってしまったのなら、
こういう方法もありますよ、とそっとお知らせさせて頂きます。





追伸
実は・・・こういうことを書くのをためらっていました。
友人も見ているブログなので、私の旦那さんのようにタブーな話題と思われ、
気分を害される方もいらっしゃるかと。また、人間関係に変化がでてしまうかな・・・とも。
でも、誰かひとりでも役立ててもらえるのなら、
と思い勇気を持ってお伝えする次第です。




藤嶋梨香―Rikoさんのご紹介 No,2 へ続きます


« 藤嶋梨香―Rikoさんのご紹介 No,2 | トップページ | ことわざの意味を知る »

Riko Style Ordermade Therapy 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1081106/23295868

この記事へのトラックバック一覧です: Riko Style Ordermade Therapy をご紹介します No,1:

« 藤嶋梨香―Rikoさんのご紹介 No,2 | トップページ | ことわざの意味を知る »